余ったカニで作った炒飯が大好評♪食事中に遊んでしまう子どもも夢中で食べる

私は33歳の女性です。カニ料理を作って一緒に食べたのは、旦那と子どもです。カニを購入したのは北海道の通販でした。訳ありということで安く売っていたので、お正月用にと購入しました。

子ども達に人気がなかったカニだけど、カニ炒飯にしたらあっという間に完食

カニは5肩購入したので、普通に食べただけでは余ってしまい、子どもの大好きな炒飯にカニを入れて作ろうと考えたのです。カニの身を取ってほぐし、卵と一緒にかき混ぜて作りました。カニ炒飯に使ったカニの量は、1肩分くらいでした。

特別な日ではなかったのですが、カニを一度解凍してしまったので、余って腐らせたり捨てるのはもったいないなと思い作ることにしました。普通の炒飯は子ども達の大好物だったので、お正月にお餅も食べ飽きただろうと思い提案してみました。

カニだけで食べていたときは興味なさそうであまり食べなかったのですが、カニ炒飯にした途端ものすごい勢いで食べてくれました。いつもなら食事中飽きて遊んでしまうことが多く注意ばかりされている2歳の子まで、しゃべる間もなく食べていました。旦那もただただ「うまい!」と言い、少し多めに作ったのにすぐになくなってしまいました。

あんかけカニ炒飯とカニ玉を作ったら、人気過ぎて私が食べれたのは2口だけ

まだまだカニが余っていたので、次の日はあんかけカニ炒飯にしました。これもまたすごい勢いで食べてくれて、あっという間に完食でした。旦那は「普通の炒飯もすごくおいしいけど、カニ炒飯はもっと最高!毎日でも食べたいよ」と大絶賛でした。

それでもまだカニは余っていたので、さすがに毎日炒飯では…と思い、カニ玉を作りました。卵料理も、子どもの大好物だったので喜んでくれるだろうと思っていました。案の定、カニ玉もあっという間に完食。2歳の子は、おかわりまでしました。

旦那もいつもの倍以上食べてくれたので、私の分がなくカニ炒飯もカニ玉も二口しか食べれないほどでした。それでも喜んで食べてくれることが何より幸せと感じるので、お腹が減るどころかたくさん食べてる子ども達や旦那を見てお腹いっぱいになりました。

本物のカニはやっぱり違う!カニ缶で作った炒飯より断然美味しい

やはり、本物のカニで作るとおいしさも違うし何より風味が違うことに驚きました。缶詰のカニで何度か作ったことはありましたが、ここまでの味ではありませんでした。本物のカニで炒飯なんて、贅沢ですよね。

カニが余ったからたまたまできただけで、わざわざ炒飯用には買わないですが、子ども達や旦那がこんなに喜んでくれるなら、何か特別な日に作ってあげるのもいいかなと思います。

カテゴリー: カニ料理成功談